薬事法って何?

投稿者: | 2017年6月27日

薬事法とは簡単にいうと国が定めた成分が入ったお薬をお医者さんの処方箋なしで店頭販売してはいけないものです。じゃあなぜネット通販でうられているの?と疑問に思いますよね。

ネット通販は海外から取り寄せて直接販売しているもの。普通、病院でお医者さんに処方箋を書いてもらわないといけないのかというと、お医者さんが処方したお薬の副作用に責任を持ちます!!という意味があります。

「副作用がでてしまった!こんな副作用があるなんて聞いてないお医者さんが責任とってよ!」とできるということです。

ですが、個人で購入する場合は個人責任になるので通信会社に「副作用がでたから責任持てよ!」ということができないのです。

また、個人で購入した場合、友だちにあげたり周りにわけてあげたりするとあなたの責任になってしまいかねないということです。個人で売買をしたとしても薬事法以外にも他の法律に引っかかってしまうカモ・・・

そうならない為にも副作用について知識をつけること、信用度が高い通販サイトや副作用に対しての口コミを見るのも通販で大切なことですよね。

迷っているなら

手購入しようか迷っているなら口コミを見るのもありかも!

ちなみに一番人気のアフターピルはアイピルです。個人差にもよりますが普通のアフターピルより副作用が軽いのが特徴ですね。

アフターピルはホルモンバランスを大きく乱して妊娠を回避する緊急避妊薬なので副作用が全くないことはないと思います。まれに出なかったという人もいますが・・・人それぞれですね。

アフターピルは吐き気止めや頭痛薬と併用も平気なので不安であれば併用して飲むのもありですよ。

併用できないお薬もあるのでそこはアフターピルについてある説明書を確認してみては?もし記載されていない場合はインターネットでも検索できますし、ひとりで悩まないでください。