アフターピルで注意すること

投稿者: | 2017年6月27日

アフターピルはあくまでも緊急時に使うものです。こまめな服用は避けてください。アフターピルには女性のホルモンバランスを大きく乱すことで避妊するお薬です。もし、こまめな服用がしたい場合はアフターピルではなく低用量ピルをおすすめします。

アフターピルと妊娠

妊婦アフターピルを飲んだからといって必ずしも妊娠しないとは限りません。
消退出血が3週間たっても来ない場合は妊娠している可能性があります。産婦人科への受診をしてください。また病院や産婦人科などで処方してもらったアフターピルだからといって妊娠しないということではありません。病院処方でも通販でもアフターピルに違いはありません。なぜかというとアフターピルの商品名が違っていても成分や効果、避妊率は大して変わらないからです。

アフターピルはホルモンのバランスを激変させるので生理が遅れたり早まったりします。生理周期が服用前にもどるのは約3ヶ月ほどかかる場合があります。またアフターピルは排卵の前後に服用した場合でも生理がくる時期が変わってきます。

アフターピルとコンドーム

アフターピルとコンドームの避妊確率はアフターピルを服用したほうが避妊成功率が高いのです。コンドームの避妊成功率は82%に対してアフターピルの避妊成功率は性交直後だと95%以上だといわれています。妊娠を望まないのなら相手にもできるだけ協力してもらえるようにするとほぼ100%で避妊できると思います。

アフターピルは性病の予防ができません。ですがコンドームはどちらかというと性病を予防してくれるものなので使い方をよく知っておくことや役割を知っておくことも重要だと言えるでしょう。あなたの体はあなたしか守ることができないのは言うまでもないですよね。